<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第


<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第
レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。

今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。 まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。




<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:18-10-12

ちょうど1年前のこと、
ミーの小学校時代の、それも8歳の頃の仲間と再会し、
会う機会が増えて本当に嬉しいのですが…

三つ子の魂百までって言うけれど、
本当に今も波長が合って…
お子さんの心って本当に素直だったんだなぁ~と思うのです。

損得なしの仲間ですから、
失くしたくないと願っていたものの一つなんですよね。

その仲間にはいつか逢いたい!って
実は長い間考えていたんです。

それが去年の1月、本当に偶然に再会し、
ミーは「これは奇跡だ!」と思いました。

その仲間は今もそうですが…
かわいくて頭が良くて、よく伸びる歌声に憧れていました。
本当に素敵な声。

互いに成長と共に変わっていったこともあるし、
成長と共に愛しいものであったり…

お子さんの頃のことって案外覚えているんですよね。
大人から見るとそうでない気もしたりするのだけど…

お子さん時代の記憶って、
儚かったり、どこまでが現実なのかということもあるのだけど、
ちょっとした光景や情景や…
いろんな機会が昔の本当に純粋だった自分にも逢わせてくれている…

いつの間に、忘れていたんだろう…
自分がお子さんだったということ。

純粋に誰かのことが好きで
一緒にいたくて、そのことが楽しくて、
どの仲間の家庭の事情も知っていたり知らなかったり、感じていたり、
でもそんなことはどうでも良くて…

ただその仲間や家族がいて、
ミーもいて、ミーの家族もいて…

みんな家庭の環境も
その後の進路も人生も全然違うのが当たり前。
なのにいつからか社会の波にみんな少しずつ飲まれていって…

お子さんの頃の仲間と再会して、
忘れていた大切なものを
どんどん取り戻しているような気がします。
<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

★メニュー

<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第
<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう
<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください
<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシック
<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決
<レーシックガイド>レーシック選びに口コミサイトを活用
<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある
<レーシックガイド>なんと交通費を貰えるクリニックもある
<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用
<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)めがね不使用になるレーシックガイド