<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください

<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください



<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せくださいブログ:15-03-09


「ウエストが減ったなあ。甘いものが食べたい!」

コンビニやスーパーに行けば、
おいしそうなおやつがずらりと並んでいます。

チョコレート、アイスキャンディー、果物など
どれもおいしそうです。

しかし、どれも減量によくないことは、
今更言うまでもありませんよね。

砂糖も油分も多すぎ。
その上、ビタミンやミネラルはほとんど含まれていません。
おやつのすべては、
減量の敵であり、美容を損なうものです!

大量の砂糖が含まれているため、食べたあとの血糖値も急上昇し、
健康にもよくありません。

でも、
おやつに限っておいしそうに見えますから、
誘惑を振り切るのが大変ですね。

もし、甘い物を食べたいと思ったら
「おやつコーナー」へ向かう足取りを
「果物コーナー」へ方向転換してください。

おやつにするなら「果物」こそ最適です。
まず果物の甘みは、砂糖とは違い、腹持ちをよくします。

おやつに含まれる砂糖は血糖値を急上昇させますが、
果物の甘みは血糖値の上昇がゆるやかなので健康的です。

また、
果物にはビタミンCや食物繊維も含まれているため、
美容にもつながります。

そして、忘れてならないのは
「消化酵素」が大量に含まれているということです。

そもそも果物は消化がよいため体への負担が小さく、
栄養の吸収もとてもいい食材です。

今日からおやつと言えば、果物にしましょう。

さまざまな果物をおやつとして取り入れ、
おいしさを楽しみながら、美しくなりましょう!

<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください

<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください

★メニュー

<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第
<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう
<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください
<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシック
<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決
<レーシックガイド>レーシック選びに口コミサイトを活用
<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある
<レーシックガイド>なんと交通費を貰えるクリニックもある
<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用
<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)めがね不使用になるレーシックガイド